レディ

抗うつ剤の種類とは

抗うつ剤には色々な種類があり、どの薬を使用するかは担当医が患者の状態にあわせて考えて処方します。また、抗うつ剤によって効果や副作用も異なってくるのが特徴です。現在は副作用の心配が少ないことから、新規の薬から処方されるのが一般的です。

医者と看護師

離脱症状とは

うつ病の治療では主に薬物療法として抗うつ剤が使用されます。この抗うつ剤の服用を止めてしまうと離脱症状が発生するので注意が必要となります。離脱症状を起こさないためにもストレス値を低くすることが大事です。

女の人

仮面うつ病を把握する

うつ病とよく似た病気の1つに仮面うつ病と呼ばれているものがあります。精神的な症状があまり現れずに身体的な症状が強く出るのが特徴です。治療方法は主に抗うつ剤となっており、放置すると最終的にうつ病に発展してしまいます。

頭を抱える人

体重が増加する原因とは

抗うつ剤を服用していると体重が増加してしまうことがあります。それは薬の副作用の中に体重増加と食欲増進の作用を持っているからと考えられます。体重をコントロールするためには食事や生活習慣に気を付けましょう。

カウンセリング

抗うつ剤を止めるには

抗うつ剤をやめたいと思っている場合は、まず担当医師と相談をしましょう。抗うつ剤は症状を一時的に下げる薬であって、完璧に治癒を行なう薬ではないです。ゆっくりと止めれるようにしていきましょう。

抗うつ剤を服用する

男の人

抗うつ剤は主に、うつ病の患者に対して処方される薬になります。うつ病患者にはセロトニンやノルアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質の分泌が少ないです。セロトニンは気分や感情をコントロールして心のバランスを安定させる役割を持っています。一方でノルアドレナリンはやる気や集中力を高める役割を持っているのでこの2つの物質は生きていく上で必要です。そのため、抗うつ剤を服用することでこの神経伝達物質の分泌量を増やす働きをしてくれて症状の改善が期待できます。抗うつ剤はうつ病には非常に欠かせない治療になります。ですが、抗うつ剤は飲みはじめてから徐々に効果が出てくるので、飲む続けることが大切になります。抗うつ剤の効果が現れるのは大体2~3週間後と言われています。また、抗うつ剤がしっかりと効いているかは1~2か月間ほど様子を見て判断されます。服用方法などをしっかりと気を付けていると、効果を実感できるでしょう。

抗うつ剤を服用する際には、いくつかの注意点があります。上記にもありますが、抗うつ剤はすぐに効果を実感できるものではないため、早く効果を実感したいと思うと定められた量より過剰に摂取してしまう傾向があります。しかしながら、過剰摂取してしまうと非常に強い副作用が発生する可能性があるので、とても危険な行為になっています。医師の指示をしっかりと聞いて、抗うつ剤は決められた用法用量を厳守して服用することを強く意識しましょう。また、抗うつ剤はサプリメントやハーブティーとあわせて摂取すると、相互作用で副作用がより発生する可能性があります。もし、サプリメントやハーブティーを飲みたい場合は必ず医師に相談をするようにしましょう。服用方法について、抗うつ剤を使用するときは、薬を食道から胃までしっかりと運ぶためにコップ1杯の水かぬるま湯と一緒に服用することです。水やぬるま湯以外でしたら、薄めのお茶でも問題ないですよ。なお、抗うつ剤を服用するときはアルコールや牛乳、柑橘系の飲み物などと一緒に摂取することは絶対にやめましょう。薬の効き目や副作用をより強くしてしまう恐れがあり、効果を十分に得られないことがあります。抗うつ剤には色々と守るべき事項がありますが、それらをすべて守ってしっかりと服用を続けていれば改善することが出来ます。抗うつ剤とは長い付き合いになることを覚悟していきましょう。