仮面うつ病を把握する

女の人

いつもと比べて身体が重く感じる、微熱がずっと続いている、めまいや頭痛が発生しているなどの症状が発生したとき、ほとんどの人はまず内科に受診することが多いと思います。しかし、診察や検査をしても身体に異常が見られずに症状に合わせた薬を処方してもらっても改善しない場合があります。このような場合は仮面うつ病を疑ってみるといいでしょう。仮面うつ病とは、うつ病の種類になりますが、気分の落ち込みや興味・喜びがなくなるといったようなこころの症状はあまり発生しないのが特徴になります。その代わりに身体的な症状が強く出てしまいます。そのため、上にもありますが最初は内科に行く人が多いです。この場合では自律神経失調症と診断されることが多くて、そのまま自律神経失調症の治療が行われるのも珍しくありません。当然、自律神経失調症の治療では異なる病気の仮面うつ病を改善することはできません。仮面うつ病の診断は最初の診察の際に、担当した医師がうつ病について知識を持っているかどうかが重要になるでしょう。身体的な症状が強く出てしまうとはいえ、抑うつや興味が喪失するなどの心の症状も多少ながら発生するため、そこでしっかりとうつ病と気付けるかにかかっています。また、自分自身のそういった症状が発生した場合は気のせいだと決めつけるのではなくて、一度医師に相談してみることを意識しましょう。

仮面うつ病の症状は主に不定愁訴になります。ここで言う不定愁訴とはイライラする、頭痛、疲労感が取れない、よく眠れないなどの症状が発生しますが、検査を行なっても特に原因となる病気が見つからない状態のことを指します。仮面うつ病の不定愁訴は実に50種類以上あると言われています。代表的なものは食欲不振、めまい、耳鳴り、微熱などがあるでしょう。また、仮面うつ病ではこういった痛みや違和感が発生する場所やタイミングが頻繁に変わることも多々あります。あわせて、一度に多くの症状が発生することも特徴の1つなので、これらのことから仮面うつ病だと疑うことも出来るでしょう。仮面うつ病の治療法はカウンセリングなどありますが、身体的な症状の重症化の程度によって、その治療法は変わっていきます。ですが、一般的には抗うつ剤の服用が基本になります。よくある処方パターンとして、抗うつ剤のみの治療方法や抗うつ剤と抗不安薬の併用、抗うつ剤と睡眠薬の併用があります。この仮面うつ病ですが、病院に行かずに放置していると最終的にうつ病に発展する可能性が非常に高くなっています。そのため、気になる症状が出てみたら精神科などの医療機関に行ってみましょう。