抗うつ剤の種類とは

レディ

一言で抗うつ剤といっても、色々な種類があります。どの抗うつ剤を使用するかは担当の医師が考慮してくれますが、どのような種類があってどのような基準で選んでいるかは実際に服用している患者本人やご家族の方などは気になるでしょう。抗うつ剤の使用方法として厳密には決まりがあるわけではありません。うつ症状は患者によってそれぞれ異なるので、使用する抗うつ剤も1人1人の状態に適切な薬を使用して臨機応変に考慮します。抗うつ剤治療のガイドラインや医師の経験、医学知識など様々な情報を考えて抗うつ剤は選択されるのです。

抗うつ剤にはどのような種類があるのか見てみましょう。まず、一番歴史が古い抗うつ剤に1950年ごろから使用され始めた三環系抗うつ剤があります。非常に強い抗うつ作用を持っていますがその分副作用も多くて、重篤な副作用が引き起こされる場合があります。そのため現在では安易に処方されることはなくなり、他の抗うつ剤が効かないケースや重度なうつ病のケースに限って使用されるのが許されています。三環系抗うつ剤の作用機序はモノアミンの吸収や分解を防ぐことになります。ここで言うモノアミンとは気分に影響を与えてしまう神経伝達物質の総称でセロトニンやノルアドレナリンなどが含まれています。この三環系抗うつ剤は古い薬になっているため、作りが荒くてモノアミンだけではなくて色々なところにまで作用してしまう恐れがあります。これが三環系に副作用が多い原因となっており、めまいやふらつき、便秘、口の渇き、性機能障害などがあります。また、頻度は低くなっていますが不整脈を誘発する可能性を持っていることも判明しています。過剰摂取してしまうと、命に関わるような薬になっています。

次に四環系抗うつ剤があります。上の三環系は効果は十分に実感できるがその分の副作用が多いものでしたので、もう少し安全性に優れている抗うつ剤が望まれて開発されたのが、この四環系になります。三環系と比較すると副作用は少なくなり、薬の即効性も改善することが出来ましたが、残念ながら抗うつ効果が弱いという特徴を持っていました。しかしながら、眠気を誘うタイプが多くて眠りの質を高めてくれる作用に優れているため、不眠症状に悩んでいるうつ病患者によく使用されています。抗うつ剤を使用するのは、基本的に新規で開発された抗うつ剤からとなっています。副作用が少ないのが最大の理由となっており、安全性が高いものから使用するのは鉄則になります。うつ病とあわせて抗うつ剤についても理解することが大切ですよ。