抗うつ剤を止めるには

カウンセリング

うつ病の治療法として一般的に抗うつ剤は使用されていますが、うつ病を改善に導いてくれると同時に副作用の危険性もあります。抗うつ剤を服用したら強い副作用に悩まされる、一向に症状が良くならないなどの場合は医師と相談を行ない、抗うつ剤の服用を止める方法もあります。まず、抗うつ剤はうつ症状を一時的に下げる薬であって、うつ病を治癒する薬ではないことを理解しましょう。つまりはうつ病の根本的な原因を解決することは出来ません。抗うつ剤の服用を止めたいと考えながら処方されているのならば、自分を変える思考法を併用して行なうと良いでしょう。また、ここで重要なのは自己判断で抗うつ剤の服用を止めることです。抗うつ剤を服用している間は副作用の心配もありますが、勝手な判断で止めても良いというのは違います。担当医師も患者1人1人症状を考慮して薬を処方します。抗うつ剤を服用して徐々に症状が良くなっていれば、おのずと薬の量や強さを変更してくれるでしょう。なので、抗うつ剤の服用を止めたい場合は担当医師と話し合い、いずれは飲まなくてもよい状態にしていきましょう。

抗うつ剤を止めるポイントとして、一気に止めようと思わないことです。担当医師と相談しながら少しずつ減らしていくのが大切です。病院の指導では急に半分の量に減らされてしまう場合もありますが、そうするとリバウンドあったり、離脱症状でさらに副作用が悪化するケースがあるので、薬をやめるのは慎重に行いましょう。そして症状が良くならなかったら無理せずに少し後戻りを行なう意思も大事です。一番確実な方法は難しいことですが、本人には分からないように段々と睡眠導入剤の量を減らします。それは誰かのサポートが必要ですが、薬局で錠剤を砕いてもらって、混ぜた物を入れます。徐々に睡眠導入剤を減らして、数か月でゼロを目指す方法になります。担当医師との相談のもと色々な工夫をして、ゆっくりと止めれば、いつか完全に止めれる日が来るでしょう。