体重が増加する原因とは

頭を抱える人

うつ病やうつ状態の人で抗うつ剤を服用している際に体重が増加してしまったとの経験やお悩みを持っている人は少なくないと思います。うつ病というと症状の1つに食欲不振があり、食べられる量も減るので痩せてしまうのでは、と思われがですが意外と太ってしまう人が多いです。そこで、抗うつ剤と体重増加の関係性をチェックしてみましょう。

抗うつ剤を服用することで体重が増加する副作用は実際に存在しています。うつ病になり抗うつ剤を服用して太ってきたというのは、うつで落ちていた食欲が回復してきたという面もありますが、それ以外にも抗うつ剤の中には食欲を増進させる作用がある種類もあります。抗うつ剤を服用すると太ってしまう、食欲が増進する原因として抗うつ剤の中でも「抗ヒスタミン作用」を含んでいる薬には、その副作用に食欲増進があると言われています。どのような仕組みなのかというと、ペプチドホルモンの種類であるグレリンと呼ばれる物質が関係しています。この物質はインスリンや中性脂肪、コレステロール値を変動させずに食事を摂取する量を増加してしまうという働きを持っていると同時に体脂肪の利用を抑制する作用も持っています。そのため、次第に体重が増加することに繋がってしまいます。ちなみにグレリンは抗うつ剤のように直接脳内に入るのではなくて、お腹や血管に入った場合でも体重増加が確認されています。また、抗うつ剤の中で「セロトニン受容体遮断作用」を持っているものは満腹中枢を刺激しなくなるため、食欲が通常より高まってグレリンの分泌をサポートするという作用機序によって、抗うつ効果に期待できる薬となっています。結果的にこの作用を持っている抗うつ剤も体重増加に関係しているでしょう。

なお、これらの作用を持っている抗うつ剤を服用したからといって必ずしも体重が増加するわけではありません。薬とはその効果が人によって色々な違いがあるように、副作用にも発生の有無など個人差があります。また、うつ病になってしまうと自然に活動量は減ってしまうため、摂取した分の消費が活発に行われなく太ってしまうケースもあります。体重増加の原因は薬の副作用も関係していますが、そのあたりも十分に見極めて自分で体重をコントロールする方法を探したり、生活習慣を見直してバランスの良い食事を心がけてみましょう。